日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2001年5月20日発行
第108号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年5月28日(月)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


消費税を3%に引き下げよ
秋田かくお都議と商店街で署名、宣伝

 十三日の日曜日、秋田かくお都議と私・鈴木ひろ子は日本共産党中延、西中延支部・後援会と一緒に中延アーケード商店街で「消費税を3%に引き下げよ」の署名と、「日本共産党の緊急経済提言」の宣伝を行いました。
 十一日に赤旗日曜版見本紙、「緊急経済提言」、消費税署名用紙を三点セットにし届けました。当日は十四名が参加、三和銀行前で訴えを行ってから、秋田かくお都議と西ひさし元区議がハンドマイクで宣伝、四組で署名のお願いに入りました。 

 商店の方々から切実な実態、

声をたくさん寄せていただきました。
 「売上はいい時の半分以下。何とか景気をよくしてほしい」「商店会も何とか活性化したいとイベントもたくさん取り組みながら努力しているけどさっぱり。共産党にがんばってほしい。」「うちは消費税を取っていない。これ以上上げられたらやっていけない」などなど・・。「財源はどうするのか」など率直な疑問も出され無駄な公共事業の見直しなど対話になりました。
 商店の七〜八割で署名にご協力いただきました。買い物中の方にもしていただき一〇五人の署名が集まりました。
 消費税減税は景気回復にもっとも有効と言われています。しかし、小泉首相は共産党の志位委員長や市田書記局長の質問に「消費税減税は考えていない」とはっきり答えています。公明党・坂口厚生労働大臣は福祉目的税として消費税増税を言い出しました。福祉の財源を消費税で賄うとなれば今の貧困な福祉でさえ十数%必要です。
 日本共産党は消費税三%への引き下げのために運動を大きく広げてがんばります。
日本共産党の三つの緊急経済提言

 @消費税を緊急に三%に引き下げ、国民の購買力を直接応援する。

 A社会保障の連続改悪を凍結し、将来不安をなくす。

 Bリストラを抑え、中小企業を支援する政治で、雇用危機を打開する。

5月27日(日)午後2時〜3時

 大井町駅マクドナルド前

 高支持率の小泉内閣 。実は国民に痛みを押し付けることばかり。憲法9条も変える? 福祉、暮らし、平和、思いをこめて秋田都議と女性たちから訴えます。
秋田かくお都議・女性区議(桜井・南・鈴木・飯沼)、各分野から女性たちの五分間リレートーク