日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2001年8月19日発行
第112号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年5月28日(月)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


侵略戦争肯定を肯定を表明した
小泉首相の靖国神社参拝
内外から大きな批判と抗議

 小泉首相は国内外からの強い反対を押し切って靖国神社の参拝を強行しました。

靖国神社の参拝は何を意味するでしょうか。

 靖国神社は、天皇の軍隊に従軍して「名誉の戦死」をした人だけを祭る特殊な神社です。戦前、天皇のために死ぬことを誉れと感じるように国民を誘導する役割を果たしました。祭神の決定も軍が行い、戦後は機をうかがいながら、1979年には、戦争犯罪人として処罰された東条英機をはじめとするA級戦犯14人をまつったのです。A級戦犯とは、東京裁判で侵略戦争を計画・準備・実行した責任者であり、戦争犯罪者です。靖国神社は侵略戦争責任者も彼らによって死地へ送られ、名誉の戦死を強要された者も同じに扱っているのです。そして今でも境内の靖国会館では侵略戦争賛美の特別展を開くなど「戦争神社」そのものです。

 小泉首相の参拝は侵略戦争を肯定する立場の表明にほかなりません。
 私の父は昭和3年生れですが、軍国主義教育の元で満16歳で海軍に志願したそうです。子どものころ、よく訓練がどれほど厳しかったかを聞かされました。今回お盆で実家に帰ると「小泉首相の靖国神社参拝は許せない。何百万人も殺した戦争責任者のA級戦犯が祭ってある神社に参拝するなんて・・。東条英機がまつってあると思うと鳥肌が立ってくる」憤って話します。
 父はすぐ上の兄と一番上の兄を戦争で亡くしています。一番上のお兄さんは小さい子5人を残しての戦死でした。「戦争では本当にひどい目にあった。後になって気がついた。シナや韓国が悪いわけじゃなくって悪いのはA級戦犯だ。天皇も東京裁判にかけるべきだったと思う。日の丸を旗印にシナの住民を蹂躙した。今でも日の丸と君が代は大嫌いだ。今回の靖国神社参拝は危険な道に戻ること。2度と戻ってはいけない道だ」