日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2002年2月10日発行
第133号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年5月28日(月)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


西大井 6 丁目 (原っぱ公園横)区営住宅に建て替え時
 知的障害者の施設を併設
            2003年度末完成予定

 品川区は、西大井6丁目の都営・大井伊藤町アパートを区に移管し区営住宅として建て替えるに当たり、知的障害者の入所施設などの福祉施設を併設・整備する計画を発表しました。関係者の切実な願いであった「親亡き後の施設」が一歩前進することになりました。

 計画は、現在ある3棟を6階建ての1棟とし、1〜2階を福祉施設、3〜6階を区営住宅とします。
 知的障害者の福祉施設は@生活・作業指導、訓練を行う入所施設(30名定員)A2〜3名程度のショートステイB5名程度のディサービスとのことです。

ます。今回の施設整備は一歩前進ですが、区の説明にもあるように、思い切った施設の増設が求められています。
 今回の施設の運営は公設民営で、西大井福祉園と同じ福栄会に委託の方向で準備中です。また、区営住宅は現在の42戸に障害者向けの住宅4戸を加え、合計46戸となります。現在都営住宅にお住まいの方は、西五反田の荏原市場跡地の都営住宅に転居されることになります。

 スケジュールは
   H・14年2月中旬 居住者・近隣説明
        6月  居住者移転
     7〜9月  解体工事
       11月  新築工事着工
   H・16年3月  工事竣工
        4月  入居開始・施設開設

 入所施設整備は「せっぱ詰まった」課題

 現在品川区民の知的障害者で施設に入所されている方は230名ですが、区内の施設入所の方はわずか30名。残りの200名は関東近県から遠くは東北、北海道、九州の五島列島など全国各地に入所しています。区はその他に待機者を100名見込んでおり、中でも「40名はかなりせっぱ詰まった状況」「今回30名の施設をつくっても、現実問題全ての皆さんの需要に応えることは難しい」と説明してい

 サラリーマンの窓口負担が2割から3割に、その上保険料の大幅値上げ?
高齢者医療も大きな負担増?
小泉「医療改革」なんてとんでもない!
今国民の間に大きな反撃の運動が広がっています。

  ミニシンポジウム
  医療制度改悪異議あり

      
     2月12日(火)
     午後6:30〜
      東栄会館

   (荏原中延駅前商店街中ほど)


主催:日本共産党中延支部・後援会

鈴木ひろ子、医療現場から、患者の立場から話します。
どなたでもお気軽にご参加ください。