日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2002年7月21日発行
第154号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年6月24日(水)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


荏原四中に
クーラーがつきました
  さっそく共産党区議団で視察


 7月16日、今年クーラーが設置された荏原四中に、共産党区議団6名で視察に行ってきました。
 昨年、「40度を超える教室での授業は、子どもや先生方の健康状態も心配」「学習しやすい環境を整えるためにも、来年度各教室にクーラーを設置していただきたい」と、荏原四中のPTA会長名で教育長に要望書があげられていました。
 2つの教職員団体からも、議会に対してクーラー設置の請願が出されていました。残念ながら共産党以外の与党の反対で否決されましたが、クーラー設置は子どもたちや親、教師たちの強い願いです。
 クーラー、多目的室3教室にに7台設置 

クーラー多目的室3教室に7台設置

 荏原四中では多目的室3教室に7台設置。費用の総額は68万年余とのことでした。
 普通教室でクーラーのついていないクラスは品川区全部の小学校、中学校あわせて約500教室です。(八潮・戸越台・杜松など一部の学校は新幹線や航空機騒音対策でつけられています)1教室約20万円とすると、1億円程度で全部の普通教室にクーラー設置が可能です。
 しかし区は、昨年11月議会の共産党の質問に「学校改築の際の課題として研究する」とし、計画的な設置の計画をもっていません。共産党区議団は、これからもみなさんと取り組みをすすめます。

共産党区議団提案の
普通教室空調化の財源措置を求める意見書
 自民・民主・公明などが本会議上程を否決

 共産党区議団は6月議会に「普通教室の空調化に対する財源措置を講じることを求める意見書」を提出しました。
 その概要は「近年、夏の気温上昇が続いており、特に都市部においてはヒートアイランド現象が猛暑に拍車をかけています。学校では昨年、夏休み前に30度を超えた日が19日間、35度を超えた日が5日間もあり、子供たちの学習に影響する状況となっています。小中学校のPTA連合会や学校関係者からも「冷房の設置」を求める要望があがっています。しかし子どもたちがもっとも長い時間を過ごす普通教室の冷房化に対する財源措置が講じられていないため、クーラー設置の障害となっています」

として、国に対して財政措置を講ずるよう求めたものです。
 議会運営委員会では自民・公明・民主など与党各党が「今現在では考えられない」「文教委員会で審議すべきだ」「学校改築の中で考えるべきだ」などの意見で本会議上程は否決されてしまいました。
 共産党は「この意見書は、クーラーを設置するかどうかではなく、国として普通教室のクーラー設置を補助対象にするよう求めたもの。新宿区議会では同趣旨の意見書を全会一致で決定している。区内の8つの私立校は普通教室にクーラーがついている。公立校の普通教室にもクーラー設置が必要」と主張しました。


有事法制に反対する区民の会 大井町駅前宣伝行動にに30名が参加

 品川区議会の女性議員7人(桜井・南・飯沼・鈴木ー共産、船波・川西ー社民、北野ーネット)はじめ、区内の党派を超えた呼びかけ人のアピールに賛同者が147人。7月16日、5時〜6時半までリレートークで20人が訴えました。党派を超えて「有事法制反対」の一致点での協同の取り組みは画期的なことです


平和のための戦争展

7月24日(水)〜27日(土)
中小企業センター


<内容>
展示:戦争と子ども・品川の空襲・東京大空襲・
朝鮮半島への植民地支配

7/24〜25:映画上映
7/26:コカリナ演奏
7/27:証言 対馬丸の護衛艦元乗組員

主催:品川平和のための戦争資料展実行委員会 
連絡先3785−1822(田淵)
5742−7563(西條)