日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2002年9月8日発行
第159号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年5月28日(月)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


子どもたちにうれしいお知らせ
品川区でもすべての教室にクーラー設置
PTAや先生、共産党の運動が実りました

 「来年の夏までに区立の小中学校のすべての普通教室にクーラーを設置します」…品川区は子どもたちや父母、先生方から強い要望が出されていた教室のクーラー設置を一挙に進める方針を明らかにしました。とうとうPTAや教職員組合、そして共産党の運動が実を結びました。

今年の冬休みに取り付け工事
区の独自財源約5億円の見込み

 高橋区長のPTA研修会などでの発言によると、@今年の冬休みを利用してすべての教室にクーラーを一挙に設置し、来年の夏に間に合わせる。A来年度は国の補助制度が実現する見通しだが、それを待たずに区の独自財源で実施する。Bかかる費用に見込みは約5億円との内容です。

共産党は2年前から議会で繰り返し要望

 私・鈴木は2年前の決算委員会でこの問題を初めて取り上げました。その後も共産党として繰り返し取り上げてきました。当時のの質問は次のようなものでした。
 「文部省が子どもたちが勉強するのに望ましい教室の温度として示している基準は夏の教室では『最も望ましい』が25〜28度、『望ましい』は30度以下。しかし、7月の夏休み前の気温は30度を超えたのは20日までの内15日間(ちなみに昨年は19日間、今年は15日間です)。しかも気象庁の観測は芝生の上1.5m
日の当たらない、風通しのよい場所で測ったもの。西日や風通しの悪いところではさらに悪い環境になっている。教室が蒸し風呂状態で子どもたちがぐったり、ボーっとしながら授業を受けざるを得ない状況になっている。ぜひ教室にクーラー設置を」と求めました。しかし区は「計画的にクーラーを設置する考えはもっていません」と繰り返し答弁していました。

「クーラー設置を」の請願や陳情に反対してきた与党各党は反省をすべき

 昨年の秋、二つの教職員組合からクーラー設置を求める陳情が提出されましたが、文教委員会では、自民、公明、区民、合同の反対で不採択となりました。
 また今年の6月議会では共産党の「普通教室の空調化に対する財源措置を講じることを求める意見書」の提案に対して「昨年文教委員会で請願が不採択になっている」「議会運営委員会での審議になじまない」などと反対し、本会議上程が否決されました。酷暑にさらされた子どもたちの願いに背を向けた与党は反省すべきだと思います。


 有事法制に反対する品川区民の会

 
宣伝と平和を愛するトーク&ライブの夕べにご参加ください
   
   共産党、社民党、ネットの超党派女性議員7名はじめ、
  区内の党派を超えた呼びかけ人のアピールに賛同する
  区民で結成した品川区民の会。7月の宣伝に続いて、9
  月11日(水)5:30〜マクドナルド前で宣伝します。9月
  27日(金)には平和を愛するトーク&ライブの夕べを行い
  ます。ぜひご参加下さい。



  アルゼンチン債購入問題
 
「真相究明と損害賠償求める」署名に
 ご協力を


 品川区文化振興事業団のアルゼンチン国債購入問題は、高橋区長の理事長辞任だけで「すべて責任はとった」と幕引きしようとしています。
 もし、1億6000万円を介護や福祉、教育にまわしたらどれほど区民のために役立つでしょうか。
 区民の会は9月議会に区長への陳情書を、11月議会に区議会に請願書を提出の予定です。先週赤旗におり込まれた署名にぜひご協力下さい。