日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2002年12月22日発行
第170号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年6月24日(水)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


「どの子もわかる教育をしてほしい」
「30人学級を」の父母の願いを
自民、公明、民主、合同が否決

 11月25日、品川保育問題協議会が提出した「小、中学校の30人以下学級の実現を求める」の請願が区議会文教委員会で審議されました。共産党だけが賛成。自民、公明、民主、合同が反対し、一万3千3百人を超える署名に込められた切実な願いに背をむけました。

少人数学級は全国の流れ、世界の流れ
すでに21都道府県・1政令市で実施

 国はいまだに40人学級編成の方針ですが、自治体の判断で40人未満の少人数学級ができることになりました。現在21道府県1政令市が実施しています。いまや少人数学級は全国的な大きな流れになっています。
 すでに、小学1、2年生で25人学級を実現した埼玉県志木市では、多くの現場の先生方が「子ども一人ひとりの話を聞く機会が増えた」「子ども同士のトラブルが減った」「算数で個別指導がしやすいなど効果があがっている」とアンケートに答えています。

 品川区の実態は?

 現在、品川区内の31人以上の学級数は小学校が111学級(27・5%)、中学校では115学級(77・2%)となっています。区の説明では、品川区で30人学級にするには、小学校で75学級、中学校で41学級増えることになり、そのために必要な教員は小学校
90人、中学校64人、合計154人とのことです。 請願者は「小中一貫校をはじめる前に、まず少人数学級の実現を」と求めています。

 世界の状況は・・・
 下表の通り欧米諸国では少人数学級が常識です。
日  本  40人
アメリカ  25〜30人以下
イギリス  30人
ドイツ  24人
ロシア  25人

みなさんどう思いますか
 願い否決した与党の反対の理由

 委員会審議の中で与党は、「現状の中で十分対応されている」(自民ー原議員)「30人、30人と人数だけをいうのは教員の指導力がないのを認めていること」(自民―石田議員)、「クラスの人数が少ないから、できの悪いのがよくなったかというとそうでもない。・・人数でどうこうというのではない」(公明ー中島議員)、「数の問題ではなく中身の問題。今決める問題ではない」(民主ー高星議員)、「クラスの定員の編成が、教育に大きな支障を及ばしているという認識はない」(合同ー佐藤議員)と反対し、請願を否決しました。

共産党ー
「一人ひとりにきめ細かい教育を」と賛成

 沢田議員(共産)は、「教育をめぐる状況は一刻も猶予できない。一人の先生がみる子どもの数を減らせば一人ひとりにきめ細かい、分からないところに手が届くような教育ができる。一部の子どもたちのために小中一貫校に100億円投入するのでなく、30人学級の実現で全体の子どもによい教育を行うべきだ。少人数学級は全国的な大きな流れ、世界の流れ。品川区でも近い将来に必ず取り上げる時が来る。それを早めてやるべきだ」と賛成の立場で発言しました。
 8月20日の文教委員会では「30人学級を実現するために財源措置を図られたい」と国や都に要望することを共産党が提案し、全会派一致で決めています。今回の請願を否決したことを与党は区民に対してどう説明するのでしょうか。
 いずれにしても、30人以下学級は市区町村でも可能となっていきます。早晩、都内でも実現する自治体が生まれると思います。

 中延・旗の台両センター、
 鈴木ひろ子事務所維持のための
  
バザー    を行います。
 1222日(
    
10:00
 鈴木ひろ子事務所にて

      (中延2−11−7)
 みなさんぜひお出でください。また、お家に眠っている不用品がありましたらご寄付ください。
連絡いただければ取りに伺います。3783−8833