日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2003年8月10日発行
第198号
2週合併号
suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年6月24日(水)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


生ごみは宝!

今年も生ごみリサイクル交流会に行ってきました

 「生ごみは宝だ!生ごみリサイクル交流会」は毎年夏に行われ、今年11回目です。全国から集まった500人余の参加者は、個人や団体に加え、自治体職員、議員、報道関係者も多く、関心の高さを示しています。私・鈴木は南議員と参加。今年3回目ですが、年を経る毎に各地の取り組みが豊かになっていると実感しました。

土が死にかけている

 今年の基調報告では「持続可能な農業は豊かな土づくりから」がテーマでした。
 元茨大教授の岩田先生が「1950年代以前には、堆肥が農耕地1アール当たり1トン投入されていたのが、1990年代には100sと1/10に減少。この状態が100年続いたら、土中の有機物量が極めて少なくなる。土中養分のアンバランスが急速に進行し、土壌病害が空気伝染病のように同時多発的に発生し、急速に拡大、激しい被害をもたらすことになる。土の退化を押しとどめ、土の生命を回復させるには堆肥の投入以外に道はない。これなくして『持続可能な農業』は不可能」と熱く語りました。

 分科会では「動き出した都会のごみ循環」に参加。
 神奈川県藤沢市の、小学校での生ごみ処理機を使った取り組みは興味深く聞きました。

小学校に設置した生ごみ処理機に住民も投入できる様にしたこと。
できた堆肥を使って小学生が野菜を作り、食べ物の循環の仕組みを学ぶ機会になっているとのことです。
 市民の市政参加システムである「暮らし・まちづくり会議」で住民が話し合い、市に提案したことから出発したとのこと。品川でも各地の経験に学びながらぜひ実現したいと思いました。

しながわ
平和のための戦争展

10〜8時(最終日は6時)
品川区民ギャラリーにて
(イトーヨーカドー大井町店8階)
 戦争で被害を受けるのは罪のない子どもたち。
子どもたちの姿を通して戦争について考えます。

主催:しながわ平和のための戦争展実行委員会

無料法律・生活相談会

8月29日(金)午後6:30〜
鈴木ひろ子事務所:中延2‐11‐7(3783‐8833)