日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2004年5月16日発行
第224号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年6月24日(水)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


今年も 平和大行進に参加しました
アメリカと日本の自衛隊は イラクから撤退せよ!

 毎年、江東区夢の島から広島まで3ヶ月をかけて歩く原水爆禁止国民平和大行進。品川は5月7日、東海寺から大井町、池上通り鹿島神社先の公園まで歩き、平和のアピールをしました。

 写真は右から秋田都議、3ヶ月間通し行進する兼頭さん、中塚区議、私・鈴木、飯沼区議。

 アメリカが「イラクに自由と民主主義を、イラクの開放のため」と始めたイラク戦争。その口実が根本から崩れ去りました。 イラク人の捕虜が虐待、拷問されている映像が流され世界中に衝撃が走りました。私は新聞で被害者の証言の記事「私は心も体もどんどん悪くなった」を読み胸が痛みました。テロにもフセインにも関係のない子どもと妻と普通に暮していた市民を捕え、水も食事も与えない、意識をなくすほどの暴行を加える。尊厳を踏みにじる。かつての日本軍や特高警察、ナチスドイツと同様との批判も当然です。

 イラクから撤退をした国、撤退を検討している国はイラク派兵をした36か国中13カ国になりました。大義のない軍事占領は直ちに止めるべきです。イラクの主権をイラク人に返すべきです。「アメリカはイラクから撤退せよ」「日本の自衛隊はただちに撤退せよ」の声を今こそ大きく広げましょう。

どうなる介護保険  …5年目の制度見直し
このままでは介護が受けられなくなる…

 介護保険制度が始まって丸4年が経ちました。「特養ホームに申し込んでも入れない」「一割の利用料が払えずサービスが受けられない」「事業者は経営が成り立たない」など問題が山積みです。今年は5年めの制度の見直しの年。制度の改善ではなく、国民への大幅な負担増と介護が必要な人を排除するたいへんな中身が検討されています。厚生労働省内に設置された「介護制度改革本部」。どんなことが検討されているでしょうか。

  1. 保険料徴収を、現在の40歳から20歳以上にと引下げる。

  2. 介護保険の制度の対象から、要支援と要介護1をはずす。特養ホームは現在要介護1から申し込めるが、重度でなければ申し込 めないようにする。

  3. サービスの利用料負担を、現在の1割から 2〜3割に引き上げる。

  4. 障害者福祉「支援費制度」と統合。全額税 金でまかなっている支援費制度を保険制度 に切りかえることで税の負担を半分に減ら す。 以上が検討の基調です。

 厚生労働省は今年7月頃までに一定の方向をまとめ、2005年1月頃の法案提出を目指しています。こんな改悪案が通ったら大変です。今こそ、みんなで声をあげましょう。