日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2004年7月18日発行
第230号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年6月24日(水)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


子どもの医療費無料制度 所得制限ついになくなる・住民運動と共産党の提案が実る

 品川区の子どもの医療費無料制度の所得制限がなくなり、全員が無料で医療を受けられる見込みとなりました。これは、何度も新婦人の会や保育団体が取り組んだ署名運動、共産党区議団の8回にわたる条例提案が実を結んだものです。

 高橋区長は6月議会で子どもの医療費無料制度の所得制限をなくし、すべての子育て世帯が医療費助成を受けられるよう検討を始めた事を明らかにしました。共産党区議団はこれまで所得制限撤廃の条例提案を繰り返し行い、区民と一緒に署名運動にも取り組んできましたので大歓迎です。

品川区だけだった〃所得制限あり〃

 足立区が今年4月から所得制限を撤廃。23区の中で所得制限ありは、ついに品川区だけとなっていました。

今年3月の所得制限撤廃条例案に自民・公明・民主など反対

 共産党区議団は今年3月議会に「乳幼児医療費助成の所得制限撤廃条例」を提案しました。乳幼児医療費について8回目の条例提案でした。この条例案に自民・公明・区民連合(民主)生活者ネットなどが反対して否決しました。

 高橋区長は「乳幼児医療費助成は福祉であり、所得の高い層まで対象とする気はない」と繰り返して主張していましたが、今回区民の声に押され、方針を大転換しました。


参議院選挙ではお世話になりました

 7月11日投票で行われた参議院選挙は、たくさんの皆さんからご支援・ご協力をいただきながら、共産党が大きく後退する残念な結果となりました。皆さんにはたいへんお世話になりました。

 今回の選挙で私たちは、「ヨーロッパでは当たり前の最低保障年金制度を日本でもつくろう」「経済を土台から壊す消費税増税は許さない」「世界に誇る憲法9条を守ろう」などを訴えました。しかし、「自民か民主か」の二大政党の流れが強力につくられる中で、共産党の主張を大きく広げることができませんでした。

 自民・公明・民主がともに消費税増税や憲法改定を打ち出しています。選挙中地元の八百屋さんから聞いた言葉が忘れられません。「築地の市場で10年前130軒あった八百屋が今では30数軒になってしまった。自由が丘では1軒になった八百屋がつぶれてついに八百屋が消え、スーパーしかなくなった。商人が消えるとんでもない時代になった。これで消費税増税されたらもうやっていけない。商店街が消えるだろう」また、戦争体験された方は「脱走兵が出たとき、見つかった脱走兵だけでなくそれを見逃した人まで目の前で銃殺された。戦争は絶対だめだ。孫が2人いるが徴兵制にでもなったらとんでもない。共産党に頑張ってほしい」と話されました。

 巨大な流れに対抗する草の根からの運動が求められています。共産党はこれまでも地元の皆さんと一緒に「池上線五反田駅や荏原中延駅にエレベーター設置など駅の改善を」「都南病院跡地に特養ホームを」「介護保険の減免制度を」など署名運動や交渉など暮らしを守る草の根の運動を進めてきました。さらにこの力を大きくし、国民の暮らしと平和を守る政治をめざして全力でがんばります。