日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2004年9月26日発行
第239号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年6月24日(水)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


小中一貫教育 区内全域で行われます
子どもたちはどうなるの?共産党の「教育を考えるつどい」に60名

 品川区の教育が大きく変わろうとしています。区教育委員会は大崎地区と大井地区の小中一貫校建設、さらに2006年度から区内すべての公立小・中学校で一貫校と同じカリキュラムで「小中一貫教育」を行うとし、準備を進めています。いったい品川の教育はどうなっていくのか。共産党議員団主催の「品川の教育を考えるつどい」には父母や教員など60人が参加。今でも子どもたちが追いまくられている実態や区教委がすすめる教育に対するきびしい意見が相次ぎました。

「教育を考えるつどい」では、初めに文教委員である沢田団長が「小中一貫校の現状と問題点」、中塚区議が「30人学級の早期実現をめざして」を報告。続いて16人の方から次々と発言がされました。主な意見をご紹介します。

父母:小学校2年生の母親です。2学期で漢字を77文字覚えなければならない。毎日漢字の宿題がありその他に算数も。勉強の量が多くて親も子もぴりぴりしている。これ以上増えたらいったい子どもはどうなるのか。

教師:授業の4時間目で子どもたちはぐったり。品川区は小中一貫教育で小学1年生から6時間までにしようとしている。開校記念日や都民の日も休まないで授業をしている。子どもたちは疲れている。30人学級だとスーと静かなのが35〜36人を過ぎるとパチンコや状態になってくる。30人学級こそ切実。

父母:学校選択制についてもどうだったのかふりかえりが必要。子どもは小学生が3人いるが、仕事から疲れて帰って3人分の宿題をみるとぐったり。品川区は佐世保の子をつくる教育をしているのではないか。この先どうしたらいいのか。

教師:一年生が40人と39人の2クラス。子どもたちは話が聞けない、常にしゃべっている。「わからないだろうなー」と思っても一部の子の反応で進まざるを得ない。子どもとゆっくり接することができない。30人学級にしてほしい。多くの教師が憤りを感じながら やっている。

「小中一貫校現状と問題点」

沢田区議報告より

 小中一貫教育は一昨年、「大崎地区の日野中と第二日野小で実験し、その教訓を全区に広めたい」としていた。ところが昨年「大井地区の伊藤中と原小の一貫校」を発表、さらに今年3月に「全小中学校で一貫教育を実施」と発表。何の検証もないままに全区展開をすすめている。無計画そのもので子どもを実験台にするものだ。

 現在の6・3制(小学6年、中学3年)を4・3・2制とし、小学校4年生以下は学級担任制、5年生以上が現中学校のような教科担任制となる。中3までに学ぶ1945の漢字を中1までに習得。小学校5年から能力別クラスの習熟度別学習を徹底する、としている。しかし、習熟度別授業は成績下位の子どもには劣等感を与え、上位の子どもにも効果がないことは世界の教育研究結果だ。欧米では習熟度教育は過去のもので、共に学ぶ協力的教育に移行している。すべての子どもたちのために30人学級の実現こそ必要だ。



高齢者の方の こんな制度ご存知ですか …申請しないと適用されません…

<入院時の食事代が安くなります>
 突然倒れて入院したSさんは入院して1ヶ月が過ぎました。年金暮らしのSさんは住民税非課税世帯です。手続きすると食事代が1日780円から650円に、90日を越えたら500円に安くなることになりました。(収入によっては300円になります)

<医療費の窓口支払いも安くなります>
 住民税が非課税世帯の場合「 福限度額適用認定証」の手続きをすれば窓口負担が安くなります。入院の場合一般の方の一ヶ月の自己負担上減額が4万200に対して2万4600円になります。(収入によっては1万5000円に)

手続きはどちらも区の高齢事業課老人医療係。
詳しくは品川区か鈴木ひろ子までご相談ください。