日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2005年3月20日発行
第257号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年5月28日(月)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


国保料 今年も値上げ「払いたくても払えない…」
失業、病気、営業不振などで滞納世帯が2割に

 今年も国民健康保険料の値上げ条例が提案されました。年収500万円の世帯で現在より12000円の負担増です。収入は減り、定率減税や老年者控除の廃止など負担増に加えての国保料値上げ。国民にばかり負担増を押し付ける政治に怒りの声が広がっています。

 国保料はこの間毎年値上げされています。私は国保運営協議会の委員ですが、「家計の所得が減り、定率減税の廃止や老年者控除の廃止など負担が増えるばかり。毎年国保料が値上げされ、払いたくても払えない状況が広がっている。これ以上値上げはすべきでない」と反対しました。別の委員からも「毎年値上げでまるで値上げ委員会のよう。来るのが気が重くなる」という声が出されました。

 経年で見ると負担増の重さがよくわかります。上の表をご覧ください。平成12年から介護保険制度が導入されましたが、導入前の平成11年と比べると年収500万円の世帯で年間6万8000円の負担増です。

滞納世帯は増加の一途
1万9400世帯に

 保険料の値上げとともに滞納世帯が増加しています。14年1万6600世帯、15年1万8700世帯、16年1万9400世帯となっています。国保加入世帯は約8万世帯ですから、約2割が滞納世帯です。区の調査からその理由をみると、多い順から、失業、病気・けが、営業不振、生活困窮、借金等返済多額、会社倒産、破産となっており、「払いたくても払えない」区民の大変な実態を示しています。

 滞納が6ヶ月になると、通常2年間有効の保険証が、6ヶ月しか使えない「短期証」となります。現在品川区が発行する短期証は約8000人。さらに、1年以上滞納すると窓口で全額自己負担となる「資格証」が発行されます。品川区では161人に資格証を出しています。保険料を払えない人が医療費を窓口で全額払えるでしょうか。結局病院にもかかれず、取り返しのつかない合併症、重症化を引き起こし、命さえ落とすことになりかねません。

 なぜこんな問題になっているかといえば国と都が国保への補助率を減らしていることにあります。税金の無駄遣いはたくさんあります。開発の名で大企業が建てる超高層マンションへの巨額の補助金投入などこそ見直し、医療や福祉を充実すべきではないでしょうか。

ご存知ですか?中延駅隣の葬祭場問題(シリーズ8)

「環境を考える会」が区長に陳情書提出
 3月9日「中延の環境を考える会」は高橋区長宛に陳情書を提出しました。その内容は@全会一致で採択された区議会の意思を尊重して、事業主に対して要綱に基づく説明会を開くよう強力に指導していただきたい。A要綱に基づく説明会がされないまま協定書を締結しないでいただきたい。の2点です。

杉並の説明会に参加しました
 3月13日(日)、同じ問題を抱える杉並・富士見が丘で、「さくら相互」による説明会が行われるとのことで、地域の方々と一緒に11人で参加しました。2週間前に説明会を開いたばかりというのに、今回も体育館の400席がほぼ満席になるほどたくさんの住民、党派を超えた議員、さらに区の担当課長他職員1名も参加しており、運動の大きさを実感しました。中延と同様、さくら相互の不誠実な対応に参加者がそれぞれ説得力ある発言をしていたのが印象的でした。
 終わった後杉並の運動をされている方々と交流し、同じ問題を抱える地域どうしこれからも連帯してがんばろうと励ましあいました。

3月23日(水)6:30〜
 源氏前小学校 視聴覚室
荒川区で裁判に勝利、葬祭場を撤退させる運動の
事務局長:高橋明弘さんのお話
その他区議会請願や区長陳情の報告など
 主催:中延の環境を考える会