日本共産党品川区議団TOPへ         「こんにちは鈴木ひろ子です。」目次へ

鈴木ひろ子

こんにちは鈴木ひろ子です。

2005年4月3日発行
第259号

suzuki@jcp-shinagawa.com

無料 法律・生活相談会
日時:2020年6月24日(水)17:00〜
会場:鈴木ひろ子事務所 中延2-11-7 3783-8833
弁護士さんが対応します。どんな問題でもお気軽に。


荏原五中に契約だった…シダックス
学校給食食中毒で委託を解除

調査もせずに契約。問われる品川区の責任

品川区が荏原第五中学校と戸越台中の給食調理を委託契約したシダックス鰍ェ、2月12日に食中毒事故を発生させ営業停止処分を受けました。実はこの2年間だけでも4件もの食中毒事故による営業停止処分を受けていたのに、品川区は調査もしていなかったことが議会での共産党の追及で明らかになりました。品川区の責任が改めて問われています。

「2月12日、葛飾区の老人保健施設で46名のお年寄りがノロウイルスによる食中毒を発生させ、調理委託されていたシダックスフードサービス鰍ェ6日間の営業停止処分」ーこの記事が新聞で報道されました。。このシダックスこそ、品川区が荏原第五中と戸越台中の給食調理を今年4月から委託契約していた会社だったのです。区はあわてて契約を解除したのですが、その後区のズサンな契約の実態が共産党の調査と追及で明らかになりました。
私はインターネットで調べて驚きました。なんとこの2年間だけでも去年の4月に大阪堺市、7月に鹿児島県、今年1月に横浜市、2月には滋賀彦根市とこんどの葛飾区と合計で全国5件の食中毒事故による営業停止処分を受けていたのです。
「契約に当たって実態を調査したのか」とのわが党議員の質問に、総務部長はしどろもどろ「都内の情報を調査した」と答弁、ろくに調査もせずに契約していたことが明らかになりました。しかも区は、食中毒事故が発覚する前「シダックスは全国展開している企業」「経験豊かな民間でこそ安全な給食を提供できる」と豪語していたのです。財政効率を優先し、子どもの安全を真剣に考えない品川区の姿勢に背筋が寒くなる思いがしました。

中延保育園でのノロウイルス集団感染事故の反省がない

品川区は民間委託するに当たり「保育園で何も問題がない」と言います。しかし、2000年11月、中延保育園の給食を民間委託して半年後、ノロウイルスの集団感染事故が発生し、その事実を隠そうとした結果、2次、3次感染を広げ、その結果49名もの患者を出すという最悪の事態を引き起こしました。この反省が全く生かされていません。子どもの安全より、民間委託先にありきの姿勢があらためて浮き彫りになりました。
区は、シダックスにかえて、富士産業鰍ニ契約を結びました。
 28日の区議会最終日の意見表明で私は、党区議団を代表して「最大の問題は民間委託で安全が守れるのかということ。さらに検討委員会もつくらず、父母や区民に説明会も開かず民間委託をすすめたのは23区でも品川区だけ。学校給食の民間委託は中止すべき」ときびしく追及しました。引き続き監視がもとめられます。

ご存知ですか?中延駅隣の葬祭場問題(シリーズ9)

荒川区で葬儀場を反対運動で撤退させた事務局長高橋明弘さんのお話を伺いました

3月23日、源氏前小学校での「高橋さんのお話」(環境を考える会主催)をお聞きしました。
荒川区尾久では400メートルにわたる商店街の真中に葬儀場がつくられたそうです。品川のような指導要綱がなかったため、住民への説明もなく、建ったら葬儀場だったとのこと。それから約6年にわたるたたかいで、葬儀場は撤退し、今はマンションに替わっているそうです。

葬儀場ができて街はどう変わったか。

商店の客が減り、商店が減り、町はさびれていった、八百屋、魚屋、総菜屋がなくなり、130店舗あった商店街が70店舗に、半分近くに減ってしまったそうです。斎場通り、斎場横丁、カラス通りなどと呼ばれ、レッテルを貼られることになり、子どもたちまで道を通りを避けることもあったとのこと。
地域では商店街と町会をあげた運動になったそうですが、紙面の関係上、次号に続きをご紹介します。